オンラインカジノの依存症対策の使命

2020年2月、ウィリアムヒルの子会社で、オンラインカジノを運営するミスターグリーンは、5万ポンド(約650万円)勝った後に全てカジノにすられ、その後数千万ポンド(数10億円)を追加入金したプレーヤーのアカウントを凍結せずに放置し、組織的にギャンブル中毒者の保護を怠ったとされ、イギリスのギャンブル委員会から300万ポンド(約3億9,000万円)の罰金を課されました。ギャンブル委員会が行う、ギャンブル依存症とマネーロンダリングの防止策に関する調査によって罰金を課されたのは、ミスターグリーンで9社目となります。ギャンブル委員会が徴収した罰金は、ギャンブル被害減らすための国家戦略基金として、ギャンブル依存症患者の治療や支援のために使われます。ギャンブル委員会は、イギリスで不正を働くカジノ運営者を取り締まることで、プレーヤーの安全を守り、また、ギャンブルと犯罪のつながりを絶つために取り締まりを続けています。